TOPページ > ヘルペスの基礎知識 > ヘルペスの原因と検査方法

ヘルペスの原因

スポンサードリンク


ヘルペスの原因は一体何なのかというと、ヘルペスウィルスと呼ばれているものです。 ヘルペスウィルスが皮膚や粘膜に感染することによって、水ぶくれなどができるのです。 ウィルスというとなんとなく怖い気がしますが、実はヘルペスウィルスは多くの人が普段から持っているものです。 特に、高齢者はほとんどの人が持っているといわれています。

ヘルペスウィルスは、健康な時にはほとんど出てくることはありません。 しかし、風邪をひいたり、疲れやストレスが溜まった時など、体内の抵抗力が弱まることがヘルペス発症の原因となり、ウィルスが力を発揮して様々な症状を引き起こします。

ヘルペスには、帯状疱疹、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどいくつかの種類があり、それぞれに異なる症状が発生します。 また、ヘルペス発症の原因となるヘルペスウィルスは多くの人の体内にひそんでいるために、再発しやすいのも特徴のひとつとされています。 その為、一度ヘルペスになった人は、再発しないように十分注意することが必要となります。

 

ヘルペスの検査

ヘルペスの検査方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

ヘルペスだと判定するには、大きく分けて、ヘルペスウィルスを検出する方法と、血液検査を行って血中のヘルペスの抗体を調べる方法とがあります。

ヘルペスウィルスを検出する方法は、検査には少々時間がかかりますが、ヘルペスの検査としては確実性の高いものです。

一方、血液検査を行って血中のヘルペスの抗体を調べる方法は、検査が簡単ですが、感染当初だと確実性が低いというデメリットがあります。

中には、感染していないのに、感染しているという結果が出ることもあります。 そのため、実際のヘルペスの検査では、先述の検査結果に加えて、医師が目で見て症状を判定することで、診断されることが多いようです。

ヘルペスの検査結果が出るまでには3日から1週間程度かかるといわれています。 ヘルペスは、早めに治療をすることによりひどくなる前に完治することができますので、疑わしい兆候を認めた場合は、早めに治療するようにしましょう。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る