TOPページ > ヘルペスの薬 > 口唇ヘルペスの市販薬

口唇ヘルペスの薬について

スポンサードリンク


口唇ヘルペスの薬について、ご紹介していきましょう。 口唇ヘルペスの市販薬としては、ヘルペやシア軟膏とアクチビア軟膏がよく知られています。 これらは市販薬ですから、病院に行かなくても気軽に買えるという点ではいいのですが、それほど高い効果は期待できません。

症状が軽い方なら、市販薬でもいいかもしれませんが、症状が重い方や早く治したいという方は、やはり病院に行くのがいいでしょう。 病院に行っても同じような塗り薬が処方されますが、症状によっては、市販されていない内服薬を処方してくれることもあります。 病院で処方される口唇ヘルペスの薬は効き目が高いですし、保険も適用されますから料金的にも安くなります。

仕事や学校で忙しくて病院に行く時間がないとか、行くこと自体面倒だという人もいるかもしれません。 しかし、特に再発しやすい方などは、病院でしっかり診断してもらって、口唇ヘルペスの症状に合った薬を使った方が早く治ると思いますので、ぜひ病院に行くようにしましょう。

 

口唇ヘルペスの市販薬

口唇ヘルペスの市販薬としては、「ヘルペシア軟膏」と「アクチビア軟膏」がよく知られています。 大正製薬から発売されている「ヘルペシア軟膏」は、口唇ヘルペスの市販薬として初めて再発を抑える効果を持つ薬として発売されたものです。 はじめて口唇ヘルペスの症状が出た時は分かりにくいかもしれませんが、再発するとその兆しを判断することができますから、ヘルペシア軟膏を常備しておけば、すぐに治療ができるようになっています。

グラクソ・スミスクラインから発売されている「アクチビア軟膏」も口唇ヘルペスの市販薬で、ヘルペシア軟膏と同様にヘルペスの再発を治療するための薬です。 医療用成分アシクロビルやお肌の保湿と保護の作用があるマクロゴールが配合されていて、単純ヘルペスウイルスの増殖を抑制して、口唇ヘルペスの症状を改善する働きがあります。

このようなヘルペスの市販薬は、薬局で手軽に手に入るのが一番の利点といえますが、その分、効き目については、それほど強いとは言えません。 症状が重い方やもっと早く治したいという方は、病院に行って処方してもらった方が良いでしょう。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る