TOPページ > ヘルペスの薬 > 単純ヘルペスの薬について

単純ヘルペスの薬について

スポンサードリンク


単純ヘルペスの薬について、ご紹介していきましょう。

単純ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスの感染により発症する病気です。 症状としては、小さな水疱などが出ます。 それほど症状が重くなければ、患部をきれいにしておくだけでも改善することがありますが、感染力が強く再発しやすいので、極力しっかり治しておくようにすると良いでしょう。

単純ヘルペスの薬としては、いわゆる抗ウイルス薬が有効といわれています。 軟膏などを塗ると同時に、飲み薬を服用すれば、5日程度で治るでしょう。 症状が重い場合には、抗ウイルス効果のある注射を打つこともあります。 ただ、これらの薬を使ったからといって、ウイルスそのものを消滅させることはできませんので、再発したら早めに治療していくことが大切となります。

水疱があらわれるかどうかというくらいで単純ヘルペスの薬で治療を始めれば、ほとんど症状を感じずに治すこともできます。 その他、抵抗力をつけるために体調をしっかり整えておくようにするなど、再発対策をしておくことも重要です。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る