TOPページ > ヘルペスの基礎知識 > ヘルペスと水疱瘡

ヘルペスと水疱瘡について

スポンサードリンク


ヘルペスと水疱瘡(水ぼうそう)について、ご紹介していきましょう。

ヘルペスといえば、ヘルペスウィルスが原因で発症する水ぶくれのような症状です。 そのヘルペスと水疱瘡とはどのような関係があるかというと、実は、その病原菌はヘルペスと一緒だということを知っていましたか?

水疱瘡は、水痘ウィルスが原因で発症し、赤い発疹が全身に出るという症状が現れるものです。 子どもの頃にかかったなという方が多いのではないでしょうか。 しばらくかゆみが続きますが、1週間程度で治ります。 また、水疱瘡は、ウィルスの感染力が強いために、他の感染者が咳をしたりした時に、ウィルスを吸いこんだり、発疹などを触ることによって移ることがあります。

水疱瘡は、一度感染すれば二度なることはないとされていますが、水痘ウィルスは消滅するわけではないので、風邪をひいたり体調を崩したりして体の免疫力が落ちている時には、ヘルペスとして発症することがあります。 このように、ヘルペスと水疱瘡は病原菌が同じということで、深い関係があるのです。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る