TOPページ > ヘルペスの基礎知識 > 口角炎の原因と症状・治療法

口角炎の原因

スポンサードリンク


口角炎の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

口角炎とは、上下の唇の境目あたりが切れてしまって、血が出てきたり、口を開けるたびに痛くなるという症状です。 そういえばそんな症状になったことがあるという方は、意外に多いのではないでしょうか。

そんな口角炎の原因には、様々なものがあります。 まず、カンジダやヘルペスウイルスなどの細菌による感染があるといわれています。 また、よだれが多い人や、唇をなめる癖がある人も、感染しやすいといわれています。 さらに、ビタミンB2、B6の不足や貧血なども原因になるとされています。 口角炎は、原因をある程度特定できれば、治療法も限られてきて治療しやすいのですが、口角炎には様々な要素が絡み合っているため、なかなか治りづらいというのが実際のところです。

時々しかならないという方は一般的な治療法で十分ですが、度々かかるという方は、皮膚科や耳鼻科に相談してみることをおすすめします。

 

口角炎の治療方法

口角炎の治療方法には、どのような方法があるのでしょうか。

口角炎は、上下の唇の境目あたりが切れてしまって、血が出てきたり、口を開けるたびに痛くなるという症状を示すものです。 口角炎の原因にはいろいろありますが、カンジダやヘルペスウイルスなどの細菌が原因とみられる場合は、抗真菌剤や抗生物質などを塗ったり服用したりします。 よだれが多い人や唇をなめる癖がある人の場合は、その癖を直せば、改善が見られるでしょう。 ビタミン不足や貧血の人は、ビタミン剤やサプリメントを摂ったり、食事をバランスよくすることによって、改善が見込めるでしょう。

口角炎の治療薬に関しては、炎症を抑えるステロイド系の軟膏が良いといわれています。 それほど症状がひどくない初期症状だけの場合なら、市販の軟膏を塗っておくだけで、すぐに治すことができるようです。

口角炎を治療するにあたって、自分で原因を特定するのは難しいと思いますので、まずは皮膚科や耳鼻科など専門医を受診することをおすすめします。

 

口角炎の症状

口角炎の症状は、至って分かりやすいものです。 例えば、上下の唇の境目あたりが切れてしまって血が出てきたり、口を開けるたびに痛くなるというような症状です。 あるいは、赤い発疹のようなものができたり、かさぶたができたりすることもあるようです。

人によって口角炎の症状は異なりますが、いずれにしても、口のまわりの不快感や違和感を感じる症状といえます。 上下の唇の境目あたりといっても、普段はそれほど意識する場所ではないと思いますが、一度痛くなったり、血が出たりすると、かなり気になるものですよね。 特に女性の場合は、リップメイクのポイントにもなるところですから、鏡を見るたびにガックリしてしまう方もいるかもしれません。

口角炎の治療は、早ければ早いほど治療も簡単ですし、早く治りますので、口角炎の症状に気づいたら、まず皮膚科や耳鼻科に行かれることをおすすめします。 原因を見極めた上で、軟膏を塗ったり、ビタミン剤やサプリメントを飲んだりして、適切な対処をすると良いでしょう。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る