TOPページ > ヘルペスの種類について > 口唇ヘルペスの原因・症状・治療法

口唇ヘルペスの原因

スポンサードリンク


口唇ヘルペスの原因は、一体何なのでしょうか。

そもそも口唇ヘルペスとは、口唇のまわりにできる水ぶくれなどの症状が現れる疾患のことを言います。 口唇ヘルペスの原因は、ヘルペスウィルスの感染といわれています。 特に、単純ヘルペスウィルスは感染力が強いために、直接接触した時はもちろん、間接的にも感染することがあるとされています。 ヘルペスウィルスに感染している人は多く、日本では高齢者のほとんどが感染しているとも言われています。

口唇ヘルペスの原因となるヘルペスウィルスは、一度感染してしまうとずっと感染し続けたままですが、その中でもヘルペスの症状が出る人と、症状が出ない人がいるとされています。 症状が出るのは、風邪をひいたとか、疲労が溜まった時、ストレスが溜まった時など、抵抗力が衰えた時です。 一度発症すると、このような症状が出てきた時に再発する可能性が高いですから、体調を整えたり、すぐに治療を行ったりして対策するようにしましょう。

 

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスの症状で代表的なものとされているのは、簡単に言うと口唇のまわりにできる水ぶくれです。 水ぶくれはしばらくすると破れて、まわりがただれたようになります。 見た目にも赤くはれたり、ぶつぶつができたりしますし、かゆかったりなど違和感がありますが、1週間ほどするとだんだん治ってきます。

注意点としては、口唇ヘルペスの症状としてできる水ぶくれの中には、ウィルスが含まれています。 そのため、患部を触ってしまうと、他のところに感染したり、間接的に他の人にうつったりしますので、もし触ってしまったら水で洗い流すなど注意するようにしましょう。

治療法としては、抗ウィルスの効果のある塗り薬と飲み薬があり、ヘルペスの症状やヘルペスができた場所によって、使い分けられています。 どちらの方法で治療するにしても、早めに治療すればするほど、ウィルスの増殖が抑えられて、治りが早くなります。 口唇ヘルペスの症状を感じたら、早めに病院に行って治療をしてもらうようにしましょう。

 

口唇ヘルペスの治療方法

口唇ヘルペスの治療には、どのようなものがあるのでしょうか。

口唇ヘルペスといえば、口唇のまわりにできる水ぶくれなどの症状が代表的な皮膚疾患のことです。 水ぶくれはしばらくすると破れ、まわりがただれたようになり、また、赤くはれたり、ぶつぶつができたりと症状が広がります。

口唇ヘルペスの治療法には、大きく分けて2つあります。 それは、飲み薬と塗り薬です。 いずれも、ウィルスの増殖を抑える抗ウィルス薬が用いられます。 ただ、口唇ヘルペスができる場所には、塗り薬が塗りにくかったりするため、どちらを使うかは、それぞれの症状やヘルペスができた場所によって見極められます。

いずれにしても、口唇ヘルペスの治療は、早ければ早いほどヘルペスウィルスの増殖が抑えられ、早く完治します。 口唇ヘルペスの兆候があれば、早めに皮膚科に行くようにしましょう。 また、ヘルペスは体調を崩した時などに再発しやすいとされています。 そのため、再発しないように体調を整えることも、大切な予防法となります。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る