TOPページ > ヘルペスの種類について > 性器ヘルペスの原因・症状・治療法

性器ヘルペスの原因

スポンサードリンク


性器ヘルペスの原因は、一体何なのでしょうか。

そもそもヘルペスとは、ヘルペス単純ウイルスというウイルスに感染することによって起こる皮膚疾患です。 ヘルペスは唇や口のまわりなどにできることもありますが、性器にできるものもあり、その場合に性器ヘルペスと呼ばれます。

性器ヘルペスの原因は何かというと、基本的には、性行為によって起こることが多いとされています。 つまり、性行為の相手がヘルペスウイルスに感染していると、自分もヘルペスウイルスに感染してしまうということになるのです。 従って、このような場合は、まず相手の人にヘルペスをきちんと治してもらうことが、第一の対策となります。

このほか、風邪をひいたり、疲労やストレスが溜まったりしていて、体の抵抗力が落ちている時も、性器ヘルペスの原因となるウイルスの活動がしやすい状態になります。 このような場合は、バランスの取れた食事を取り、しっかり睡眠を取って、ストレスや疲れをなくすことが大切となります。

 

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状は、一体どのようなものなのでしょうか。

性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染し、性器のまわりに、小さい水疱がたくさんできるという症状が現れる皮膚の疾患です。 初期の性器ヘルペスの症状は水疱ですが、その後、水疱は破れてかさぶたになります。 その時、かさぶたから内包されているウイルスが出てくることで、再び水疱ができ、そのパターンが繰り返されます。 症状としては、それほど重いというわけではありませんが、性器のまわりがかゆかったり痛かったりと不快感があります。

塗り薬と飲み薬で治療をすれば、数週間程度で治るのが一般的です。

ただ、再発の可能性が高いため、性器ヘルペスの症状が繰り返し発生することで、それ自体がストレスとなり、なかなか治らないという人もいるようです。 ですから、性器ヘルペスになったなと思ったら、専門医に行ってしっかりと治療を受けるのがおすすめです。 早く治せば治すほど、症状も軽くて済みますので、早めの治療を心掛けましょう。

 

性器ヘルペスの治療

性器ヘルペスの治療の基本となるのは、塗り薬と飲み薬の服用です。 そもそも性器ヘルペスの原因は、ヘルペスウイルスに感染することですので、このウイルスに対抗するということで、飲み薬については抗ウイルス剤が使われます。

性器ヘルペスは、治療を始めてから大体1週間ほど薬を服用すれば治ります。 ただ、症状が重い場合などは、消炎鎮痛薬で痛みを抑えたり、局所麻酔剤を注射したりということもあります。

性器ヘルペスをはじめとしたヘルペスの特徴として、再発性が高いということがあげられます。 なぜかというと、性器ヘルペスも他の部位のヘルペスも、治療によって症状が治ってもウイルスはそのまま体内に残ってしまうからです。 ですから、疲労やストレスが溜まっている時や、性行為を行った時、女性の場合には生理になった時などに、再発しやすくなります。 従って、再発を防ぐためには、体調や生活リズムをしっかり整えて、抵抗力を落とさないようにすることが大切となります。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る