TOPページ > ヘルペスの種類について > 角膜ヘルペスの原因・症状・治療法

角膜ヘルペスの原因

スポンサードリンク


角膜ヘルペスの原因は、一体何なのでしょうか。

角膜ヘルペスは、いわゆるヘルペスの一種で、原因は他のヘルペスと同じく、ヘルペスウイルスに感染することだとされていますが、ほとんどの人は、ヘルペスウイルスに感染しているといわれています。 しかし、ほとんどの人はそれを自覚することもなく、症状も出ることがないため、感染に気づくことはありません。 つまり、多くの人が、感染していてもそれに気付かずに生きていくのです。

中には何らかの原因により、ヘルペスウイルスが活性化して、角膜ヘルペスになる人がいます。 その場合、毛様神経節というところから角膜にある三叉神経を通って角膜で増殖して症状が出るということになります。

角膜ヘルペスの原因も、他のヘルペスと同じように、風邪を引いたり体調を崩したりして、体の抵抗力が弱っている時にウイルスが活発になるためだといわれています。 また再発しやすいともいわれていますので、特に体が弱っている場合は注意が必要です。

 

角膜ヘルペスの症状

角膜ヘルペスの症状は、どのようなものなのでしょうか。

ヘルペスといえば、ヘルペスウイルスに感染したところに水疱ができたり、破れてかさぶたができる症状をいいます。 角膜ヘルペスは、症状が目の角膜に現れるものをいいます。

角膜ヘルペスは、大きく分けて2つの型があります。 まず、ヘルペスウイルスが角膜の表面で増えていくのが「上皮型」といわれます。 そしてもう1つ、角膜の内部にウイルスが入って角膜が濁ってしまうのが「実質型」です。

上皮型の角膜ヘルペスの症状は比較的軽く、目が充血したり痛みを感じるなど不快感を覚えたりすることはありますが、それほど心配はいりません。 一方、角膜が濁る実質型の角膜ヘルペスの症状は、視界がぼやけたり視力が低下したり、充血がひどくなったりというものです。 しかも両目ではなく片目だけに発生するために、一方は正常なのに片方だけヘルペスという状態になってしまいます。

また、他のヘルペスと同じように再発しやすいために、何度も発生する場合があります。 ですから、根治するためには、根気強く治していく必要があります。

 

角膜ヘルペスの治療方法

角膜ヘルペスの治療には、どのような方法があるのでしょうか。 角膜ヘルペスの原因は、いわゆるヘルペスウイルスの感染です。 そのため、このヘルペスウイルスに対抗するための治療を行うことが、第一歩となります。

ヘルペスウイルスが角膜の表面で増えていく上皮型の角膜ヘルペスを治療する場合は、ヘルペスウイルスが増えるのを抑えるための抗ウイルス薬が使われます。 症状によっては、細菌に感染しないように、抗菌薬の点眼が行われることもあります。 一方、角膜が濁る実質型の角膜ヘルペスを治療する場合は、ステロイド点眼薬と抗ウイルス剤を使い、ウイルスの増加と炎症を抑えます。 ただし、ステロイド点眼薬は、症状によってはさらに悪化させる場合もありますので、しっかり見極めて使うことが大切です。

角膜ヘルペスは、ほかのヘルペスと同じように、再発しやすいのが特徴です。 きちんと治療をせずに放置しておいた場合には、失明する危険性もあるといわれています。 そのため、角膜ヘルペスは根気強く治療することが大切となります。 特に再発した場合は、早めに専門医に行き、しっかり治療をすることが重要です。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る