TOPページ > ヘルペスの種類について > 単純ヘルペスの症状・感染・治療法

単純ヘルペスの症状

スポンサードリンク


単純ヘルペスの症状は、どのようなものなのでしょうか。

単純ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスの感染によって起こる水疱などの症状が現れる疾患のことをいいます。 ウイルスというとなんとなく怖いイメージがありますが、実はほとんどの人は成人するまでに、ヘルペスウイルスに感染しているのだそうです。 多くの人の場合は、そのまま体内に潜伏したまま一生を過ごしていくのですが、なかに何らかの原因により、ウイルスが活性化し単純ヘルペスの症状が現れる場合があるのです。

単純ヘルペスの水疱が出るのは、主に顔です。 特に、口のまわりにできることが多いのが特徴です。 単純ヘルペスの原因は、風邪を引いたり、強い紫外線にあたったり、ストレスや疲労が溜まった場合に発症しやすいとされています。 再発しやすいのも特徴ですが、何度も発症するかと思えば、数年発症しないこともあります。 単純ヘルペスの症状が現れた場合、抗ウイルス剤の服用や塗布による治療を施せば、大半は1週間から10日で治ります。

 

単純ヘルペスの感染

単純ヘルペスは、感染力が大変強いヘルペスだといわれています。 直接接触する時に感染するのはもちろんのこと、家族の中に感染した人がいると、その人の持つウイルスがついたタオルや食器を使うことで、間接的に感染してしまうこともあるのです。

また、自分のヘルペスを触った後、タオルで拭いたり水で流したりすることなく、他の部位を触ることで、そこにヘルペスのウイルスが移ってしまうこともありますので、注意が必要です。 特に、アトピー性皮膚炎の人は単純ヘルペスに感染しやすいといわれていますので、注意しましょう。 また、風邪を引いたり、ストレスや疲労が溜まっていたりして、体の抵抗力が弱っている場合は、症状が出やすいといわれています。

単純ヘルペスは、感染しやすい上に再発しやすいのも特徴です。 感染や再発を防ぐためにも、普段から体調を整えるようにしたり、体調を崩したらできるだけ早く治すようにすることが大切となります。 単純ヘルペスは、発症しても飲み薬や塗り薬などで比較的簡単に治療できますが、再発しやすいという意味では、根気強く治すことも大切です。

 

単純ヘルペスの治療

単純ヘルペスの治療には、どのような方法があるのでしょうか。

単純ヘルペスの原因は、単純ヘルペスウイルスの感染だといわれています。 そのため、単純ヘルペスウイルスを抑える効果のある塗り薬や飲み薬が効果的です。 症状がそれほど重くない場合や初めて発症した場合には、薬を使わなくても、2週間ほどで自然治癒することもあります。 しかし、早めに単純ヘルペスを治療し、症状が広がらないようにするためには、やはり薬を使った方が良いでしょう。 特に、小さな水疱の段階で治療を始めた場合は、かなり症状が軽くなります。 ですから、ヘルペスが発症したなと思ったら、まずは専門医に行って、早めに治療することが大切となります。

また、単純ヘルペスは、治療をしても再発しやすいというのも特徴となっています。 何度も発症していると、いずれ治ると思ってしまいがちですが、それを続けていると、さらに再発しやすくなってしまいますので、この場合も早めに治療することが大切です。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る